社名:合同会社 C&Cビジネスコンサルティング
(製造業専門 業務改革支援会社)

製造業専門の業務改革コンサルタント
私達は、業務改革を通して、人材育成を実施するコンサル『第3の社員』を提案します。
製造業を精通し、改革を先導してきたメンバーが、御社の第3の社員として、改革を通じ、経営幹部を育成します。
 070-3867-3204
お問い合わせ

インフォメーション

2022 / 10 / 04  06:00

朝活100本ノック /生産計画・在庫管理改革:78日目【安全在庫を持つべき品目の設定:ABC分析】

 朝活100本ノック /生産計画・在庫管理改革:78日目【安全在庫を持つべき品目の設定:ABC分析】

安全在庫量を適正する以前に、そもそも安全在庫を持つべきかを決定する必要がある

需要が見込まれない製品まで、安全在庫をもつ必要はない。

安全在庫をもつかもたないかは、欠品のリスクと不良在庫となるリスクの天秤で判断する。

欠品する可能性が高く、欠品した場合のダメージが大きい製品は安全在庫の設定が必要である。

逆に、不動在庫となるリスクのある販売状況であったり、欠品のリスクが低い(リードタイムが長いなど)と判断すれば、安全在庫を持つ必要はない。

ちなみに、パレートの法則で20%ー80%ルールの用語がある。多くの取り扱い製品があっても20%の製品が全体量の80%を占めるという経験測である。

2024.02.29 Thursday